書き初め特訓教室も日を追うごとに お清書の生徒が増えて来ます。

今日のお清書は3人。

書道教室を開き始めた頃は お清書は最終日の最後の時間に!散々、練習した後が一番!!だから最終日の最後に書かせようなんて思っていました。

でも生徒達は個性があります。残された短い時間に反応して、いつもより良い作品が書ける生徒。
残された時間が迫っているのにプレッシャーがかかり本来の力を出せない生徒。
生徒達、一人一人の性格を理解していないと最高の作品はできません。
これは10年以上教室を続けていて、理屈ではなく体験して分かった事です。
が…

難しいのが中学生。
生徒達が最後の時間が一番良いと思い、なかなか お清書にとりかかれません。
今日は2人の中学生が2時間以上、延長しました。
本人達が最高の作品を仕上げたい為にこそ、この時間になりました。

冬休みは少人数制で時間配分していますが延長も踏まえての事です。
お清書は納得するまで付き合います。

なんだか最後は中学生女子3人と女子会のような盛り上がりで終わりました。

ここ最近、疲れてしまっているのか、リビングで寝落ちしています。
勿論、今日も。
Blogの更新はリビングで寝落ちして、起きた、こんな時間になってしまいます笑
でも今日も生徒達が納得した作品が仕上がった事に嬉い気持ちでのBlog更新です(^^)