夏休み書道工作教室のお稽古は風鈴の短冊(風鈴の中心に糸に繋がっていて風を受ける紙)に小筆で表に自分の名前を書き、裏に 書きたい事を書きます。

書いたものは 教室で少しの間、飾ってから持ち帰ります。

お家に飾られると思うと、とても一生懸命になるようです!

皆、2時間かけて書き上げました。

普段、教室はクーラーをかけているので外の風は入って来ませんが
音は鳴らなくても飾っているだけで涼しく感じます(^^)

先日、暑中お見舞いハガキが 届きました!
涼しげな手作り風鈴ありがとうございました!
など お家の方からお礼のご連絡もいただきました。

検定がない月もある書法学院の検定制度のおかげで、いろいろなお稽古が出来ます!

楽しく書道のお稽古をしていきましょう🎐
image